業務案内

有限会社輝實鉄工は、大手企業さまからのご依頼を多くいただいており、今日までの実績を高く評価されて現場での指揮も行なっています。長年の経験があってこそのフレキシブルな対応力で、鉄骨組み立て・鍛冶工事・本締め工事・重軽量鉄骨・耐震補強工事・鋼構造建築など、さまざまなご依頼を承ります。関東一円で活動をしておりますのでお困りのことがございましたら有限会社輝實鉄工までお問合せください。

鉄骨工事全般

工場やビルなどの建造物は、耐震性や強度が高くないと倒壊してしまいますので、建造物に強度をだす鉄骨はなくてはならないものです。建物を支える骨組みですので、設計図通りに寸分の狂いもなく工事を施さなければなりません。
建造物を組み上げる際にまず始めにやらなくてはいけないことは、骨組みを組むことです。工事現場によっては高所での作業も行なうこともあり危険がともないます。命綱や安全帯の着用を義務付けて「安全第一」で作業をしております。自社工場を完備している弊社では、鉄骨工事全般を請け負っておりますので、鉄骨工事でお困りのことがございましたら有限会社輝實鉄工までお気軽にご連絡ください。

鍛治工事全般

弊社では、鉄骨工事における鍛冶工事全般を請け負っております。鍛冶工事とは、鉄骨を組んだ際に鉄骨同士をつなげる工事のことです。鉄骨同士をつなげるには溶接が必要で、アーク溶接やガス溶接を行ないます。これらの溶接は、高い技術が求められ長年の経験があってこそなせる職人業です。弊社では溶接を行なう際には、専門的な知識をもった有資格者のみが作業を行ないます。

お客さまに満足していただける仕上がりを提供いたしますので、鍛冶工事のことなら千葉県野田市に拠点を構える有限会社輝實鉄工にお任せください。

本締め工事

ボルトは、「一次締め」・「本締め」の工程で締め付けを行ないます。鉄骨を組み上げていきなり強く締めこんでしまうと、接合部分に遊びがなくなり、その他の接合部分がずれてしまう可能性があります。ずれを発生させないために一度、一次締めの段階ですべてのボルトに仮止めを行ないます。そのあとから本締めを行ない強く締めこみます。
ボルトの本締め工事とは、鉄骨に止めてある仮ボルトを国家標準認定された高力ボルトに差し替える工事のことです。
弊社では、ボルトの本締め工事を迅速かつ丁寧に行います。

鉄骨加工

弊社は千葉県野田市に自社工場を構え、鉄骨加工を行なうための設備を整えております。
図面をもとに切断・穴あけ・溶接などを行ない、用途に合わせて正確に加工いたします。
また、加工した鉄骨の組み立てまで自社にて実施する場合もございます。加工から鉄骨建方まで一貫して手がけることにより、安定した仕上がりを実現することが可能です。
「鉄骨加工だけしてほしい」「サビ止めの塗装だけしてほしい」などのご依頼にも対応いたします。鉄骨加工のご依頼がございましたら、弊社までお気軽にご連絡ください。

作業内容を一部ご紹介